本日 登屋書店開店!

2012.12.11

 当店の屋号は登屋本店ですが、たまに本屋さんだと思って入店される方がいます。当店のさびしい雑誌コーナーを見て「本これだけですか本屋さんなのに」と言うお客さんが1年に1人ぐらいいます。それを言うなら書店でしょ。

 その話とは関係ないのですが、最近読んだ本の話を一つ。「海賊と呼ばれた男」というガソリンスタンドの出光の創業者をモデルにした本です。そのなかで主人公が日本は太平洋戦争を石油の為に始めて、その石油がなくて負けたと語る場面があるのですが、燃料と食糧は最重要の戦略物資であることは間違いないと思います。この本を読むと、太平洋戦争の敗戦後、資源のない日本の政治家が原子力発電を推進したのもわかる気がします。でも、3.11後の今はたしてそれでいいのか考えさせられます。

今週の試飲

当店オリジナルの鬼笑いお猪口を200円でお買い上げいただくと、今週のラインナップの中からお好きなものを2種類選んで試飲ができます。実際に味を確かめてから好みのお酒をお買い求めください。

今週のラインナップ

.柏盛 原酒

.純米酒 鬼笑い

.日光杉樽仕上げ純米焼酎 杉ん酎

.四季桜 純米吟醸 

.松の寿 本醸造 男の友情

.大七 生酛純米

.一ノ蔵 純米吟醸 蔵の華

.東力士 梅酒

.東力士 ゆず酒

.東力士 いちごワイン

.天鷹 はちみつの酒

.鬼怒川和飲 日光とちおとめ

.鬼怒川和飲 宇都宮ふじりんご

 ご来店の際当店のホームページを見たことを告げていただいて、合言葉を言っていただくと通常200円の試飲(2種類)を1グループにつき1回無料サービスいたします。(その際お猪口はお持ち帰りできません)

今月の合言葉 当店係員が「鬼怒川に来たら」と尋ねたら「鬼怒川サイダー」とお答えください。