勝手に鬼怒川観光大使 其の六 歴史編 <燃えよ剣>

2012.5.5

 今日は端午の節句なので、かっこいい男が出てくる話を。写真は鬼怒川公園駅の山側の戊辰街道(旧会津西街道)にある説明版と灯篭です。この小原沢沿いの街道で戊辰戦争の際、新撰組などの旧幕府軍と新政府軍の激戦が繰り広げられました。一説ではこの戦いで傷を負った土方歳三は川治温泉で湯治をしたと言う話もあります。「龍馬が行く」の明るさよりも「燃えよ剣」の滅びの美学が好きな自分にとってはたまらない場所ですね。

 国道よりも一本奥に入るので分りづらいですが、梅雨時は紫陽花、夏は魚のつかみ取り、秋は「月明かり花回廊」などのイベントも行われるし、公園や日帰り温泉もある鬼怒川の隠れたスポットです。

今週の試飲

当店オリジナルの鬼笑いお猪口を200円でお買い上げいただくと、今週のラインナップの中からお好きなものを2種類選んで試飲ができます。実際に味を確かめてから好みのお酒をお買い求めください。

今週のラインナップ

.柏盛 原酒

.純米酒 鬼笑い

.日光杉樽仕上げ純米焼酎 杉ん酎

.四季桜 純米吟醸 

.松の寿 本醸造 男の友情

.大七 生酛純米

.一ノ蔵 純米吟醸 蔵の華

.東力士 梅酒

.東力士 ゆず酒

.東力士 いちごワイン

.天鷹 はちみつの酒

.鬼怒川和飲 日光とちおとめ

.鬼怒川和飲 宇都宮ふじりんご

 ご来店の際当店のホームページを見たことを告げていただいて、合言葉を言っていただくと通常200円の試飲(2種類)を1グループにつき1回無料サービスいたします。(その際お猪口はお持ち帰りできません)

今月の合言葉 当店係員が「鬼怒川に来たら」と尋ねたら「鬼怒川サイダー」とお答えください。